【2018年最新版】東京都で豊胸手術するならココがおすすめ!美容外科・クリニックの特徴や口コミを徹底調査しランキングで紹介!まずは相談してみてください!

豊胸手術後はどのくらい通院するの?

公開日:2019/02/01  最終更新日:2019/01/16

豊かでハリのあるバストは女性の憧れですが、シリコンバッグ挿入法などの豊胸手術を受けた後は、定期的にクリニックに通う必要があります。

しこりなどのトラブルを未然に防ぐためには、定期的な診察が必要です。

自宅でのホームケアの方法もアドバイスしてくれます。

シリコンバッグ挿入法は、大変ポピュラーな豊胸ですが、異物を挿入する必要があるため、最低でも3か月はクリニックに通う必要があります。

耐久性のある素材なので、15年から20年ぐらいは長持ちします。

 

定期的な診察が必要な美容整形です

女性は豊かでハリのあるバストに憧れている人が多く、大胸筋を鍛える運動をしたり、専用のバストアップクリームを使ってマッサージなどのお手入れをしています。

自宅でのお手入れでは限界を感じているため、美容外科のクリニックで豊胸手術を受けたい人が増加しています。

美容外科のクリニックは、無料でカウンセリングが受けられる所が多いため、希望に合った方法を提案してくれます。

1カップ程度大きくしたい場合は、ヒアルロン酸注入法や脂肪注入法が人気があります。

ヒアルロン酸は優れた保水効果があり、人体に含まれている成分なので安全性に優れています。

脂肪注入法は、自分の体から採取した脂肪を注射器で入れる方法ですが、手触りが柔らかく自然な仕上がりが特徴です。

基本的にはヒアルロン酸注入法の場合は、メンテナンスは必要ありませんが、少しずつ吸収されるので、定期的な診察が必要です。

 

しこりなどのトラブルを防げます

Aカップ以下の小さいバストで悩んでいる人は、2カップ程度大きくしたい人が多く、シリコンバッグを挿入する豊胸手術を希望している人が増えています。

シリコンバッグを挿入する方法は、優れたバストアップ効果が期待できますが、異物を挿入するため、脂肪注入法やヒアルロン酸注入法に比べると、自宅でのお手入れは大変重要になってきます。

しこりなどのトラブルを未然に防ぐためには、手術を受けた後も3か月ぐらいは通院が必要です。

定期的に診察をしてもらったり、自宅でのマッサージ法などを指導してくれます。

シリコンバッグは耐久性に優れているため、15年から20年ぐらいは長持ちしますが、定期的に通って異常がないか確認をしてもらうことが大事です。

豊胸は手術が完了すると終わりではなく、通院や自宅でのホームケアが大切です。

 

定期的にバストの状態を診察してもらおう

美容外科のクリニックでは、脂肪注入法やヒアルロン酸注入法、シリコンバッグ挿入法などの豊胸の方法があります。

一人一人のバストの状態が違ってくるため、最適な方法は違ってきます。

脂肪注入法やヒアルロン酸注入法は、安全性に優れた豊胸ですが、少しずつ吸収されてしまうため、定期的に施術を行う必要があります。

基本的には自宅でのお手入れが必要ないことが多いですが、定期的に通ってバストの状態を確認してもらう必要があります。

シリコンバッグを挿入する方法は、メスで皮膚を切除する必要があるため、麻酔が切れると痛みが出ることもあります。

施術後のアフターケアが丁寧な美容外科のクリニックは、親切で丁寧な応対の医療スタッフが在籍をしています。

最低でも3か月は通院をする必要がありますし、良好な状態を維持するために、定期的な検診は必要です。

 

豊かでハリのあるバストに憧れている女性が多いため、美容外科のクリニックで豊胸の手術を受けたい人が増えています。

シリコンバッグを挿入する方法は、2カップ程度バストを大きくすることが出来ます。

異物を挿入する必要があるため、しこりなどのトラブルを未然に防ぐために、最低でも3か月は通院が必要です。

シリコンバッグは耐久性に優れていますが、定期的な診察は必要です。

定期的な通院をすることで、自宅でのお手入れの方法もアドバイスしてくれます。

サイト内検索
東京の豊胸手術ランキング!
聖心美容外科の画像
第3位 THE CLINIC
THE CLINICの画像
共立美容外科の画像