【2018年最新版】東京都で豊胸手術するならココがおすすめ!美容外科・クリニックの特徴や口コミを徹底調査しランキングで紹介!まずは相談してみてください!

豊胸手術におけるバック挿入法とは?

公開日:2019/05/01  最終更新日:2019/04/01

美しく豊かなバストを得る方法としては、豊胸手術は特に優れた効果を発揮してくれます。

現在行われている治療で、バック挿入法は特にポピュラーな存在となっていますが、ここではその治療方法や特徴についてご紹介していきます。

 

大幅なバストアップが期待できる

豊かなバストラインは女性の体でも特に魅力的な部分と言えますが、バストの形や大きさには個人差もありバストのサイズや大きさで悩む女性は少なくありません。

下着に工夫する、パッドを入れるなどできれいに見せることはできますが、水着になる時や入浴施設を利用する際にはバストはかなり目立ってしまうことになります。

サプリメントの利用やマッサージもある程度の効果は期待できますが、自己流の努力だけで大幅にサイズアップするのは厳しいと言えるでしょう。

理想のバストを得る方法としては、美容整形の豊胸手術は特に効果的な方法です。

バストを豊かにすることはもちろん、左右差を整えたり、リフトアップしたり谷間を作るなど様々な悩みに対応することができます。

豊胸手術は実に色々な方法がありますが、特に良く知られている施術にバック挿入法があげられます。

この治療の良いところは、一度の施術で大幅なバストアップが得られることがあげられます。

 

シリコンや食塩水のバックを挿入する

バック挿入法では、バストの下にシリコンや食塩水の入ったバックを挿入しバストを大きくし、形も美しく整えていきます。

最近はヒアルロン酸注入などのメスを使わないプチ整形によるバストアップも人気ですが、この方法では大幅なバストアップは難しいものがあります。

さらに注入したヒアルロン酸は少しずつ体に吸収されていきますので、効果を持続するためには繰り返し治療を行う必要もあります。

その点、バックを入れる治療では体にある程度の負担はあるものの効果は半永久的となり、大幅なバストアップも得ることができます。

かつては、見た目や感触が不自然という問題もありましたが、現在ではより本物のバストに近い仕上がりが得られるバックも登場しています。

 

メリットだけではなくデメリットも知る

バック挿入法による豊胸手術は色々なメリットもありますが、実際に治療を行う前にはデメリットやリスクについても理解しておきたいところです。

まず、ヒアルロン酸注入や脂肪注入によるバストアップはバストに目立つ傷が残る心配もなく、体への負担も抑えられています。

バックを挿入する場合も目立たない部分から切開しますが、それでもが全く残らないというわけではありません。

治療中は麻酔が使われるので痛みが出る心配はありませんが、治療後の痛みはプチ整形とは違いより強くなることは理解しておきましょう。

そして、挿入したバックも時には劣化し内容物が流出してしまう可能性もあります。

その場合は取り除く、新しいバックに入れ替えるなどの治療も必要です。

さらにバック挿入法ではリッピングやカプセル拘縮が起きやすいこと、アレルギー反応が出る可能性があることも理解しておきましょう。

レントゲン撮影の際にはバックが写りますし、マンモグラフィ検査の際に治療を受けていることを申告する必要もあるということも知っておきたいところです。

 

大幅なバストアップを得たい、半永久的な効果を期待したいという場合はバック挿入法による豊胸手術は有効な方法です。

一度の施術で理想のバストが手に入る可能性がありますが、メリットだけではなくデメリットも多い治療であることは理解しておきましょう。

体への負担も決して小さくはありませんし、時には挿入したバックが破損してしまうリスクもあります。

さらに、カプセル拘縮などのトラブルが起きる可能性があることも理解しておきたいところです。

サイト内検索
東京の豊胸手術ランキング!
聖心美容外科の画像
第3位 THE CLINIC
THE CLINICの画像
共立美容外科の画像