【2019年最新版】東京都で豊胸手術するならココがおすすめ!美容外科・クリニックの特徴や口コミを徹底調査しランキングで紹介!まずは相談してみてください!

豊胸手術で後悔してしまう原因とは?

公開日:2019/10/01  最終更新日:2019/09/11

東京の美容外科でもバストアップは特に人気の治療です。豊胸手術をすると豊かで形の良いバストを手に入れることができますが、治療に満足している人もあれば、手術したことに後悔している人もいます。

ここからは、なぜ治療で後悔しているのかその理由と、満足に仕上がらない原因について書いていきます。

プチ整形によるバストアップでの後悔

豊胸治療にも多くの種類がありますが、特に人気が高まっているのがヒアルロン酸注入です。

ヒアルロン酸はもともと体内にある成分なので安全性も高く、顔にハリをもたらすなどのアンチエイジング治療としても人気です。注射だけで済むので短時間で治療を終えることもでき、大きな傷跡が残る心配もありません。

そして、ダウンタイムも短くすぐに元の生活に戻ることができるのもメリットです。気軽に利用できるバストアップ治療というイメージもありますが、治療を受けたことで後悔する人もいます。

まず、効果は数か月程度なので、繰り返し施術をおこなう必要があり、意外と多くの費用が発生します。

そして1カップ程度は大きくすることができますが、大幅なバストアップには向いていない方法なので理想の大きさにならない場合もあります。安全性の高い治療とされていますが、しこりができることもあることは理解しておきましょう。

シリコンバッグでのバストアップと後悔

大幅なバストアップを希望する人に選ばれているのがシリコンバッグの挿入による治療です。この治療を選んで後悔する理由としては、まずは傷が目立つことがあげられます。切開は脇の下の目立たない部分などが選ばれていますが、傷が目立たなくなるには数か月程度は必要です。

それから、挿入したバッグを体が異物と判断し、被膜で覆って固めてしまうこともあり、そうなると感触が固くなってしまいます。半永久的な効果を期待できる治療というイメージもありますが、ときにはバッグも破損することがありますし、内容物が流出してしまう可能性もあります。

バッグも劣化していきますので、劣化が進んだ場合は交換も必要になります。本格的な手術なので、ダウンタイムがやや長くなることも理解しておきたいところです。バッグにもいろいろな種類がありますが、安価なものを選ぶと見た目や感触が不自然になることもあり、それが後悔につながることも考えられます。

脂肪注入によりバストアップと後悔の理由

脂肪注入によるバストアップは本人の脂肪を使うので安全性も高く、見た目も感触も自然に仕上がることが魅力です。そしてお腹や太ももなど脂肪のたっぷりついた部分から脂肪吸引をしますので、バストアップと痩身が同時にできるのもメリットです。

こうした治療で後悔してしまう理由としては、まず痩せ型の人は十分な脂肪を採取できないということがあげられます。それゆえ、治療をしても大幅なバストアップは難しいものがあります。

さらに、注入した脂肪はすべて定着するわけではなく、ある程度は吸収されてしまいます。古いタイプの治療の場合は定着率があまり良くないので、理想の大きさにならない可能性があります。

それから、技術力の低い医師が担当した場合は、脂肪吸引をした部分の傷が目立つ、肌の表面が凸凹になるなどの失敗が起きることもあるとされています。満足な仕上がりにするためにも、技術力の高いクリニックを選ぶこと、最新の治療を選ぶことが大切です。

 

豊胸治療はバストの悩みやコンプレックスを解消してくれる人気の治療です。治療が成功すると豊かで形の良いバストを得ることができますがときには治療に失敗し、後悔している人もいます。

バストアップ治療で後悔しないためには、まずはそれぞれの治療の特徴を知り、メリットだけではなくどんなデメリットがあるのかも理解しておく必要があります。良い結果を得るためには高い技術力を持つクリニックを選ぶこと、自然な仕上がりが得られる最新の治療を選ぶことが大切です。

サイト内検索
東京の豊胸手術ランキング!
聖心美容外科の画像
第3位 THE CLINIC
THE CLINICの画像
共立美容外科の画像
記事一覧