【2018年最新版】東京都で豊胸手術するならココがおすすめ!美容外科・クリニックの特徴や口コミを徹底調査しランキングで紹介!まずは相談してみてください!

豊胸手術の痛みの原因は?

公開日:2019/09/01  最終更新日:2019/08/23

バストアップしたいために、東京で信頼できる美容外科にて手術をする人も少なくありません。仕上がりのクオリティに定評があるものの、不安になるのは費用だけでなく、その手術の痛みでしょう。

医師を信頼していても、不安を感じるのは原因がどこにあるのかという点ですから、そうしたこともチェックしてみましょう。

技術面での問題はない

医療知識や技術など、最新や最先端のモノが集まるのが東京の魅力です。

これまでは、技術にバラつきが出てしまうこともあったようですが、現在は1万件を超える手術実績を持つほどの医師の豊胸手術を受けられるまでになりました。すべての手術において実績豊富な医師や院長が執刀してくれるのならば安心でしょう。

また、切開をしなくてもバストアップができる手法もおこなわれていて、東京の美容外科では脂肪注入法です。ほかにも、国内で唯一コンデンスリッチ豊胸手術の技術指導を一任されている、そうした医師たちが手術をおこなってくれるので安心ですし、信頼性は高いはずです。

ですが、バストを大きくするということで痛みを感じるのではないのかという声も耳にします。もちろん、リスクの少なさは局所麻酔によるところも大きいでしょう。入院する必要もないということは、それだけ身体に負担をかけない手法が採用されているということではないでしょうか。

痛み具合は手術の種類によって変わる

それでも痛みがあるとすれば、手術の種類によるところが大きいようです。手術には、人工乳腺法と脂肪移植法、エイジングブレスト豊胸法などがあります。

例えば、脂肪注入法は、患者さん自身の脂肪を採取してバストへ注入する手法ですから、異物反応が起こりにくいようです。それほど痛さを感じない手法ですが、術後に原因が隠れている話も耳にします。それが生体反応です。腫れによって熱を持つような状態になる場合があるようで、それがズキズキ、ヒリヒリとした痛さに感じてしまう人もいるようです。

もちろん、数週間で腫れもひきます。また、医師いわく、太ももやウエストから脂肪を吸引して移植させるケースで痛みが生じることもある話をしています。原因は術後に動いたり、力を入れてしまったこと、いわゆる筋肉痛のような痛さを感じてしまうようで、安静にすることが謳われるのにはこうした理由があるのでしょう。

メスやレーザーによる切開

そのほか、切開することで傷口ができることが痛みの原因としてもっとも大きいようです。切開場所は傷跡を目立たせないように配慮するために、脇のあたりや胸の下です。できる限り痛さを感じないよう、大胸筋に触れない配慮がされたり、乳房の下から豊胸バッグを挿入するこだわり手法が採用されています。

メスやレーザーによる切開をともなう手術ですから、身体への負担が少なからずあることも忘れずに、術前にはしっかり医師と話し合い、納得してから手術を受けましょう。ちなみに、痛さが少ないことで注目されているのは、切開不要のヒアルロン酸注入法なのだそうです。

ワクチン接種と同じく、注射による注入ですから、注射針で刺される程度であれば安心ではないでしょうか。もちろん、アフターケアにも努めてくれます。鎮痛剤や軟膏、そうした医薬品も処方してくれますから心配も少ないでしょう。

 

東京では、豊胸手術をおこなえる美容外科が数多く展開しています。

もちろん、技術に関して、ミスということはほとんどありません。ですが、手術による痛みの原因があるとすれば、アレルギーによる拒絶反応であったり、切開による傷口、そして安静にしていないなど、技術面以外での原因であるところが大きいようです。

医師とのカウンセリングでは、痛みに敏感であることも話し合うことができますから、まずはしっかり話し合うことから始めましょう。

サイト内検索
東京の豊胸手術ランキング!
聖心美容外科の画像
第3位 THE CLINIC
THE CLINICの画像
共立美容外科の画像
記事一覧