【2018年最新版】東京都で豊胸手術するならココがおすすめ!美容外科・クリニックの特徴や口コミを徹底調査しランキングで紹介!まずは相談してみてください!

豊胸手術の痛みはどれくらいまで続く?

公開日:2019/09/15  最終更新日:2019/08/23

東京のクリニックでは、豊胸手術に特化した医師による手術がウリです。仕上がりも満足、要望によるサイズアップが1カップからできます。

ですが、やはり手術ですから、痛々しい傷がつくのではないのか、痛さが長々と続くのではないのか、不安をまずは解消してから手術をおこないましょう。

切開と注入によって期間は異なる

信頼できる名医による豊胸手術を受けることで、満足いく結果に繋がるようです。ですが、豊胸手術の痛みは手法によっても違いますし、どれくらいまで続くのかと問われれば、個人差によって一概にはいえないようです。

ただし、体験談などが目安になりますし、身体に負担のかからない手法であればあるだけ、痛みも短期間なのだそうです。

例えば、ヒアルロン酸注入は注射器を使うのですが、バッグ挿入法はメスを使って切開する手術になります。身体への負担は切開術のほうが大きいはず、ですからヒアルロン酸あるいは脂肪注入法なら、切開をしなくともバストアップができます。

胸部の皮膚切開がない分、それほど痛さを感じることはないようです。ただし、脂肪吸引ですから、採取する部位は太ももやお尻などの脂肪量の多い部分です。

採取した量が多い、あるいは細身である人の場合には、3日ほどは安静にしておくことが指導されます。切開の痛みとは異なり、筋肉痛のような痛さを感じるという人が多いようで、医師いわく、術後から数日を目安と考えておいてよい話をしています。

もみほぐしも含めれば数週間程度

東京のとあるクリニックは、過去10年で脂肪注入法による5000件以上の豊胸手術を、医療事故0でおこなっています。

しかも、わずか1時間で手術が終わるので、日帰り豊胸手術も可能です。遠方にお住まいの人であっても、日帰りで多数の実績がある医師に身体を預けることができるのは最大のメリットではないでしょうか。

日帰りということで、30分から数時間、クリニック内にて術後の観察と安静を図り、問題なければ帰路に着けます。安静にしていなければならないダウンタイムがほとんどなく切開による痛みを帰宅してからも感じてしまう心配もないといいます。

ちなみに、いつまでも続く痛みではありませんが、脂肪注入であったりバッグ挿入法ではバストを柔らかくするために、セルフでマッサージをおこなう必要があります。このマッサージのやり方次第で痛むことがあるようです。

柔らかい感触を求めるためにしっかりマッサージをしなければならず、多少の痛みも仕上がりのためという指導に医師や看護師さんは徹しているようです。このマッサージの期間も含めれば、数週間程度痛みが続く可能性は頭に入れておきたいところです。

傷つけないから痛みは続きにくい

もちろん、要望に合わせて柔軟に対応してくれます。局部麻酔やリラックス麻酔を導入するクリニックもあり、寝ているだけで手術が終わっています。乳腺を傷つけてしまわないようにポイントを選んで注入してくれるので、痛みが長期間続くケースはほとんどありません。

新しい機器や手術について、導入するときには必ず医師や看護師さんが体験しているようです。効果の検証によってダウンタイムはどれくらいなのか、経過も含めてチェックするようです。

ですから、見た目が自然でも少し硬くなってしまう手術になったり、バストのサイズアップによって不自然な形になる可能性があったり、動きや感触も自然なのに痛みや定着の期間にバラつきがあるなど、導入前にこうした判断ができるのです。

結果、短時間の手術や短期間の痛み、こうしたメリットだけが残るようです。

 

豊胸手術の痛さは、たとえ名医から手術を受けたとしても少なからずあるようです。どれくらいまで続くのかという内容も手術法によって、個人差によって一概にはいえないものの、長期的ではありません。リスクの低い手術であることも魅力ですし、仕上がりも満足できるようです。

ただし、手術の経過やダウンタイム、こうしたアフターケアまで重点におきましょう。マッサージも最初は痛むものの、毎日続けるうちに痛さも和らぎ、仕上がりを維持できます。

サイト内検索
東京の豊胸手術ランキング!
聖心美容外科の画像
第3位 THE CLINIC
THE CLINICの画像
共立美容外科の画像
記事一覧