【2019年最新版】東京都で豊胸手術するならココがおすすめ!美容外科・クリニックの特徴や口コミを徹底調査しランキングで紹介!まずは相談してみてください!

豊胸手術のシリコンバッグはどれくらい効果が続く?

公開日:2019/11/15  最終更新日:2019/10/16

東京には、信頼できる医師による豊胸手術が受けられます。今の主流はやはり豊胸バック挿入です。バッグとはいっても、食塩水からいろんな中身があり、それぞれ柔らかさ、触り心地も異なります。

では、安全性の高いもので効果はどれくらい続くのでしょうか。

持続する期間はバッグの種類による

もっともおすすめなのは、脂肪注入法による豊胸手術ともいわれていて、採取した自分の脂肪をバストに利用するので、副作用の負担が少ないのが理由であり魅力のようです。しかし、痩せ体質の人の場合には採取する脂肪がないので、異なる豊胸手術について医師と相談してみましょう。

東京のクリニックにおいて人工乳腺法はいまだに根強い支持を得ています。人工的に作られたシリコンバッグを乳腺下や大胸筋下などに埋め込み、ボリュームアップさせる方法です。食塩水の入ったバッグよりシリコンバッグを挿入するほうが、美しい形に整うことも知られています。

プチ整形として、ヒアルロン酸注入法もありますが、ボリュームやサイズ感を出し、加えて持続効果もあるシリコンバッグ挿入はおすすめできます。というのも、ヒアルロン酸に関してはもともと身体にある成分ですから、吸収されてしまいます。そのため、効果は長くて3年程度ともいわれており、持続させるには数年に1度の追加注入をおこなう必要があるのです。

では、シリコンバッグならばどれくらい持続効果があるものでしょうか。それは、埋め込まれる豊胸バッグによって異なるようです。

入れ替え不要だから半永久的に続く

例えばシリコンジェルと一口にいっても、シリコンがスライムのように粘着性のあるコヒーシブシリコンなどの種類もあります。どのようなものが使われるのかは、患者さんの体質や身体の状態はもちろん、希望のサイズや触り心地によって選ばれるようです。

東京のクリニックでは、品質重視というだけあって、米国の厚生労働省に当たる機関が認可する安全性の高いものが採用されています。注入物がサラッとしていれば、形も広がりやすくなりますが、美しい形を維持し、サイズも半永久的に大きいままです。また、最大の特徴となるのは入れ替えの必要がないという点でしょう。

ですから、どれくらい効果が続くのかと問われれば、長期間大きくなったサイズを維持できるいわゆる半永久という内容です。

美しさや触り心地を維持するコツも知ろう

どのような手術にもいえますが、念頭に入れておいてほしいのは、リスクやデメリットについての理解であったり、目立ちにくいとはいえ、傷跡もできるために医師としっかり意思疎通を図るということです。

例えば、シリコンバッグのデメリットとしては、人工物なので壊れてしまったり、内容物が漏れ出してしまうことも0ではないようです。もちろん、破損しても中身が漏れ出ず、粘着性と耐久性のあるシリコンバッグが今の主流となっています。

また、効果が続くということは一生涯そのバストと付き合っていくワケですから、自身の身体に馴染むようにマッサージすることも重要です。マッサージの方法は、知識豊富な看護師さんから指導してもらえます。馴染ませことにより、より一層柔らかく自然な触り心地を期待することができます。

 

豊胸手術を専門でおこなうクリニックが東京にはあり、それぞれの身体の状態や希望などをヒアリングし、適した方法でバストアップを図ります。それぞれに効果の持続というものが違い、半永久的に続くと謳われているのが、シリコンバッグ挿入という手法です。

人工物であることがメリットで、入れ替えるための再手術も不要ですから、身体に負担もかかりません。もちろん、その効果を高める、維持させるためにはマッサージなどのアフターケアも大事になるようです。

サイト内検索
東京の豊胸手術ランキング!
聖心美容外科の画像
第3位 THE CLINIC
THE CLINICの画像
共立美容外科の画像
記事一覧