【2020年最新版】東京都で豊胸手術するならココがおすすめ!美容外科・クリニックの特徴や口コミを徹底調査しおすすめ形式で紹介!まずは相談してみてください!

バストアップ効果が期待できる食べ物は?

公開日:2021/01/01  最終更新日:2020/12/24


ダイエットによって胸が小さくなった経験をもつ女性は多いのではないでしょうか?サイズをキープしたまま、メリハリのあるボディラインを手に入れたい場合、バストアップサプリメントを摂取するという方法もありますが、食べ物からバストアップ成分を摂取したいですね。そこで今回は、バストアップ効果がある食べ物についてまとめてみました。

大豆イソフラボンを含む食品

大豆製品に多く含まれている「大豆イソフラボン」は、女性ホルモンのエストロゲンと同じような働きをするといわれています。女性ホルモンのエストロゲンは、女性らしい体を維持するためのホルモンで、メリハリのある体、女性らしい体のために欠かせません。エストロゲンの分泌量が多い人は、バストも成長しやすいのです。

エストロゲンに似た働きをする大豆イソフラボンを摂取することで、バストアップ効果も期待できるでしょう。大豆製品といっても、さまざまなものがあります。摂取しやすい食品だと、豆乳や納豆、きな粉、味噌、豆腐などがあります。大豆イソフラボンの摂取量は、1日あたり50~60mgが推奨されていますので、目安量内で摂取するようにしてください。過剰摂取は、ホルモンバランスを崩してしまう原因にもなりかねませんので注意しましょう。

ボロン(ホウ素)を含む食品

バストアップサプリメントで含まれている「ボロン」という成分は、食品からも摂取できます。「ボロン」は、ホウ素というミネラル成分で、エストロゲンの分泌量を増やしてくれる働きがあると言われています。このことから、バストアップ効果が期待できるようです。ボロンは、熱に弱い成分なので、生で摂取できる食品から摂取しましょう。

ボロンが多く含まれている食品は、キャベツ、りんご、ぶどう、生ナッツ類、海藻類等が挙げられます。朝食でりんごを食べる、サラダはキャベツと海藻たっぷりにする、間食はナッツを食べるなどすれば、しっかり摂取できるでしょう。比較的身近な食品に含まれているので、摂取しやすいのではないでしょうか。

良質なタンパク質を含む食品

体を構成する筋肉をつくる重要な成分になるのが、タンパク質です。最近は、プロテインがブームになっていますよね。ダイエット中も、タンパク質の摂取量が不足することは、筋肉量を落としてしまい、代謝が悪くなるのでよくないといわれているようです。バストは、筋肉で支えられているので、ハリのあるバストのためにも、タンパク質は欠かせません。

タンパク質が多い食品は、鶏ささみ肉、鶏むね肉、まぐろ、鮭などです。鶏むね肉は、鶏ささみ肉よりもパサパサした感じが少ないので、とても食べやすいですよ。脂肪分も少ないのでダイエットの両立にもおすすめです。

コンビニで手軽に購入できるサラダチキンは、取り出してすぐに食べることができるので、自炊が苦手な人にもおすすめです。まぐろは、刺身やツナ缶などが摂取しやすいでしょう。鮭は、アスタキサンチンも豊富に含まれているので、抗酸化成分でエイジングケアにもおすすめです。

タンパク質を合成するためには、アミノ酸も欠かせません。アミノ酸もしっかり摂取して、よりバストアップしやすい栄養バランスをとるようにしていきましょう。

アミノ酸は、鶏卵、牛乳、チーズ、かつおなどに多く含まれていますよ。卵や牛乳は、朝食で摂取しやすいですね。

 

バストアップのためには、様々な食材をバランス良く食べることがおすすめです。栄養素は単体で働いているのではなく、それぞれが働きをサポートしているものです。ここで挙げた栄養素以外に、ビタミンやミネラルは、体の機能を正常に働かせるために欠かせない栄養素なので、しっかり摂取してくださいね。

管理人紹介


東京に住んでいる32歳の女性です。私は、以前まで自分の胸の大きさにコンプレックスを持っており、サプリメントや補正下着などのバストアップの為の商品をいくつも試してきましたが、満足いく結果を得ることができませんでした。

そんな中、知人から「豊胸手術」の情報を教えられました。興味を持った私は、豊胸手術をおこなっているクリニックを調べてみましたが、とても数が多く最終的にお願いできるクリニックを探すまでに大分苦労しました。

そこで、このサイトではネット上に数多くある情報を整理して、私なりにオススメできる豊胸手術を行うクリニックをご紹介しています。バストアップにご興味ある方は是非参考にしてみてください。

サイト内検索
記事一覧