【2018年最新版】東京都で豊胸手術するならココがおすすめ!美容外科・クリニックの特徴や口コミを徹底調査しランキングで紹介!まずは相談してみてください!

ジェル注入による健康被害

公開日:2019/06/01  最終更新日:2019/04/01

バストをより大きく、きれいな形に整えてくれる治療で「ジェル注入法」といったプチ整形による豊胸も人気となっています。

治療を受ける前にはメリットだけではなくデメリットやリスクも知っておくことが大切です。

ここからはジェル注入にはどのような欠点があるのか、健康被害が出る可能性はあるのかなどをご紹介していきます。

 

短時間でバストアップが実現する

美しく豊かなバストになるためにはエクササイズやバストアップマッサージなどの努力も大切ですが、それだけで理想の形、大きさに整えていくのは厳しいものがあります。

短期間で理想のバストを得るのであれば美容整形はかなり有効な方法と言えるでしょう。

とはいえ、バックを挿入する本格的な手術やメスを使いますし、体への負担もありますので抵抗を感じる人は少なくありません。

そこで注目されているのが、アクアフィリングやヒアルロン酸などのジェルをバストに注入する方法です。

この方法であればメスを使わず短時間で施術が完了し、すぐにバストアップが実現することがメリットです。

メスを使わないので体に目立つ傷が残る心配もなく、日帰りで行えるなどダウンタイムが短いのもメリットです。

注入するジェルには広がりにくく、体に吸収されにくいものもあり長期にきれいなバストが維持できることも期待できます。

メリットが多い方法というイメージがありますが、治療前にはリスクやデメリットがないかも理解しておきましょう。

 

ジェル注入法によるバストアップのデメリット

美容医療にはメリットだけではなくリスクがあることも理解しておきたいところです。

治療直後では大きな変化はなくても数年後に不具合が出る可能性もありますので、そのことも考えて治療に踏み切りたいところです。

ジェル注入法による豊胸手術で、特に多いトラブルではしこりの発生があげられます。

さらに細菌による感染症のリスクもありますし、時には皮膚が変化する変形するなどのトラブルが起きることもあります。

アクアフィリングは製剤のほとんどが水分でできており、感触も柔らかく長期に効果が維持できることで人気となりました。

とはいえ、アクアフィリングは合併症も起こしやすいとされており、海外では中止勧告も出ていると言われています。

ジェル注入法は注入の際は手軽に行えますが、充填剤の除去となると大掛かりな手術が必要ということも理解しておきたいところです。

 

より安全性の高い豊胸治療を選ぶなら

手軽に行えるというイメージがあるジェル注入法による豊胸手術も様々なリスクがあることは知っておきたいところです。

とはいえ、バックを挿入することに抵抗を感じる人は少なくありません。

より安全性の高い豊胸手術を選ぶのであれば、自らの脂肪を利用する脂肪注入法も検討したいところです。

自らの組織を使うので合併症の心配もありませんし、見た目も形も自然に仕上がるというメリットがあります。

さらに、お腹や太ももなど気になる部位から脂肪吸引を行いますので、バストアップと痩身が同時に実現するのも魅力です。

かつては、脂肪の定着が良くないなどの欠点もありましたが、現在では治療もより進化し、脂肪の定着率もアップしています。

 

最近はメスを使わないプチ整形の人気が高まり、バストアップもプチ整形を選ぶ人が増えてきました。

ジェル注入法は手軽に行える豊胸手術として人気ですが、時にはしこりの発生や感染症などのリスクがあることも知っておきたいところです。

充填物を取り除くには大掛かりな手術が必要となることもあります。

より安全性の高い治療を行うのであれば、自らの脂肪を利用する脂肪注入法にも注目したいところです。

自らの脂肪を使うので安全性も高く仕上がりも自然で、痩身も同時に行えるなどメリットの多い治療と言えます。

サイト内検索
東京の豊胸手術ランキング!
聖心美容外科の画像
第3位 THE CLINIC
THE CLINICの画像
共立美容外科の画像
記事一覧