【2018年最新版】東京都で豊胸手術するならココがおすすめ!美容外科・クリニックの特徴や口コミを徹底調査しランキングで紹介!まずは相談してみてください!

豊胸手術後痛みは発生する?

公開日:2018/10/15  最終更新日:2018/10/11

多くの女性は常に美しくありたいと思い、美容やメイク、そのほかファッションに力を入れているという人が多いですがコンプレックスを持つ人も多くいます。
中でも胸が小さいということがコンプレックスという場合は、女性ホルモンを活性化させる食材を摂ったりサプリメントを飲んだりなどの方法もありますが、効果が出るまでに時間がかかってしまいます。
できるだけ効率的に確かなバストアップを実現するには豊胸手術です。

 

豊胸手術について

昔はシリコンバッグが主流とされていましたが、今はバッグを挿入する方法もありますがそれ以外にも身体に優しくもっと手軽に行える方法がありますが、胸を大きくするということはやはり痛さを感じそうで抵抗があるという方も多いのではないでしょうか。しかし実際はそれほど痛さを感じることなく済む手術も存在するため安心して受けることができます。

手術を受けたいけれど違和感や痛さをずっと感じることになるのではと不安な方でも安心できるような手術を行うクリニックが東京には多くあるので、事前にインターネットを利用して検索してみるといいかもしれません。中には実際にそのクリニックで手術を受けた人のコメントが載っている場合もあります。費用や手術法、そして実際に気になる点をリサーチして手術を受けられることをおすすめします。

 

痛さを感じにくい豊胸手術について

幹細胞がたくさん含まれた脂肪を注入する手術であるCAL脂肪注入を行った場合は、胸部の皮膚は切らずに行うためそれほど痛さを感じることはありません。手術を行ったあとはやや腫れてその箇所が熱を持つような状態になる場合がありますが、だいたい二週間程度で赤みと共に腫れや感じる違和感などは落ち着いてきます。

いくつか手術法はありますがこの方法が一番身体に負担がかからず手軽に行えるため、痛さをできる限り抑えたいと考えている方には適した方法となります。

 

痛さを伴う場合もある豊胸手術について

細くしたい部分、例えば太ももやウエストから脂肪を吸引して胸部に移植させる脂肪吸引部を行った場合は痛みが生じます。

体型や吸引した脂肪の量で感じ方は変わりますが、手術を受けてから三日ほどは動いたり力を入れると強い筋肉痛のような痛さを感じるという人が多いため、その期間はできる限り安静にされることをおすすめします。

 

生理食塩水を挿入する豊胸手術について

体内の水分に近く点滴などに使用されている生理食塩水バッグを胸部に挿入する手術は昔から世界中で行われており、豊胸手術といえばこの方法をイメージされる人が多いのではないでしょうか。手術の中では最もポピュラーな方法ですが、痛みを感じやすいことがあります。

しかし感じる痛さは個人差があったり手術方法によっても差が出ます。できる限り痛さを感じないようにするには大胸筋に触れないようにしたり乳房の下からの挿入することがポイントとなります。

 

豊胸手術は強い痛みがあり、しかもそれが長期間続いてしまうというイメージを持つ方もたくさんいるかもしれませんが、実はそれほど激しい痛さを感じることはなく、仮に感じたとしても手術の方法や個人差がありますがだいたい術後から数日となることが多いので、豊胸を受けたいと考えている方は検討されてみてはいかがでしょうか。
現在はできるだけ身体に負担が少ない手術法があったり、東京には安心して任せられる医師やクリニックがたくさんあります。胸が大きくなることで女性としての魅力がアップするほか、気持ちが明るくなれたりと良い効果をもたらすことが多く手術を受けてからコンプレックスがなくなり自分に自信がついて仕事や恋愛もうまくいくようになったという人もいるようです。
自分を良く変えて新たな素晴らしい日々を送るためにも、もし胸のサイズが小さいと悩んでいる場合は手術を受けられることをおすすめします。

サイト内検索
東京の豊胸手術ランキング!
聖心美容外科の画像
第3位 THE CLINIC
THE CLINICの画像
共立美容外科の画像