【2018年最新版】東京都で豊胸手術するならココがおすすめ!美容外科・クリニックの特徴や口コミを徹底調査しランキングで紹介!まずは相談してみてください!

豊胸手術を行うと胸に傷跡ができる?


豊胸手術は、バストアップのために欠かせない方法の一つとして知られていますが、手術の方法によっては術後に傷跡が残ってしまうこともあります。
そのため、術前のカウンセリングを受ける際には、術後のリスクを考慮しながら担当の医師と手術の方法を決めることがおすすめです。

 

ヒアルロン酸注入なら傷が目立ちにくい

ヒアルロン酸注入による豊胸の方法は、肌に負担が掛かりにくい極細の針を用いることから、術後に傷が目立ちにくいというメリットがあります。また、身体に優しい成分を注入するため、副作用のリスクも低く、短い期間で豊胸効果を実感しやすいことから、様々な立場の女性の間で人気が高まっています。

最近では、ヒアルロン酸を使った豊胸の魅力について、数々の美容雑誌やファッション誌などで特集が組まれることがあり、バストアップに本格的に挑戦をしたい場合には、最新の情報を積極的に集めることがおすすめです。

また、ヒアルロン酸注入の手術の流れについて詳しく知りたい時には、各地で評判の良いクリニックのウェブサイトを参考にしたり、無料相談に申し込みをしたりすると良いでしょう。なお、妊娠中の人や持病のある人の中には手術を行えないケースもあるため、早いうちに美容外科の医師と話し合うことが大切です。

 

従来のシリコンバッグ豊胸は傷が残ることもある

美容外科のクリニックで数多く行われてきたシリコンバッグ豊胸は、メスを使った手術のため、バストアップの効果は高いものの、人によっては数センチ程度の傷が残ってしまうことがあります。最近では、シリコンバッグを体内に入れる位置を調節したり、特殊なメスを使ったりすることで、傷跡を目立たなくさせようとするクリニックも増えており、少しでもこうした手術について興味があるときには、いち早くカウンセリングを受けることがおすすめです。

また、シリコンバッグ豊胸の際になるべく傷を目立たなくさせたい場合には、最新の医療設備が整っているところや、美容外科の名医が在籍しているところを契約先に選ぶことがポイントです。なお、シリコンバッグ豊胸の仕上がり方については、患者の体質だけでなく、医師の技術力や経験に大きく左右されるため、なるべく成功事例の多いクリニックを選びましょう。

 

新しい脂肪注入による豊胸の術後の傷跡について

比較的新しく美容外科のクリニックに導入された脂肪注入による豊胸の方法は、一部の皮膚を数ミリ程度切開する必要があるため、わずかに傷が残ることもあります。一方、メスを使う方法と比べて皮膚へのダメージは少なく、数日から数週間程度で傷が綺麗になっていくため、術後の傷の状態についてそれほど心配をする必要はありません。

また、腕の良い医師に手術を任せることで、短時間で見違えるような効果を期待できることもあり、美意識の高い女性を中心に関心が集まっています。

最近では、安全性の高い脂肪注入の方法を採用しているクリニックが少しずつ増えており、身体に負担をかけずにバストの形を整えたい場合には、症例数や医師の経験などに注目をしながら通院先を選ぶと良いでしょう。

 

豊胸の方法には様々なものがありますが、手術でメスを使う場合には人によって傷跡が大きく目立ってしまうケースもあります。一方、ヒアルロン酸や脂肪注入などの方法については、専用の針を使うだけで皮膚への負担が少ないことから、若年層の女性を中心に需要が高まっています。
最近では、傷が残りにくい手術の方法を積極的に採用しているクリニックが増えているため、少しでも術後の見栄えを良くしたい場合には、興味のあるクリニックの症例写真をチェックしてみましょう。
その他、初めて美容外科で本格的な手術に取り組むにあたっては、カウンセリングを通じて自分自身に合う豊胸の手術の方法について、ベテランの医師に提案をしてもらうことも大切です。

サイト内検索
東京の豊胸手術ランキング!
第3位 THE CLINIC