【2018年最新版】東京都で豊胸手術するならココがおすすめ!美容外科・クリニックの特徴や口コミを徹底調査しランキングで紹介!まずは相談してみてください!

豊胸手術を行うメリットとデメリット

公開日:2018/08/09  

豊胸するための手術をしたいけれどどのようなメリットがあるのか、どのようなデメリットがあるのかが分からないという人がいます。コンプレックスを解消する為にどのような施術が最適であるかを知る事で、女性としての魅力を発揮させる事ができます。

自分にあった施術方法でコンプレックスを解消する

胸が小さくて悩んでいる人や胸の形が悪くて悩んでいる人は、豊胸手術をする事によってコンプレックスを解消する事ができます。豊胸する為の手術にはさまざまな種類があり、ヒアルロン酸を注入する方法やシリコンバッグを挿入する方法などがあります。

ヒアルロン酸をバストへ注入する方法ではメスを使わずに施術を行う事ができるので、術後の回復するまでの期間であるダウンタイムが短い特徴があります。効果としては半永久的ではなく半年から二年ほどの効果になるので、定期的に施術をしていく事によって理想のバストを維持する事ができます。

シリコンバッグを挿入する方法では胸の下の一部分を切開してシリコンバッグを挿入する方法であり、理想の胸のサイズにあわせたバッグを挿入する事が可能です。以前よりも形が崩れてしまったり破損してしまうリスクは少なくなったものの、10年程度に1度取り替える事によって安全にバストを維持する事ができます。

また脂肪注入法によるバストアップ施術では、自分の脂肪をバストへ注入する事になるので豊胸の施術を行うと共に、気になる部分の脂肪を減らす事が可能です。脂肪が定着する事によって胸のサイズアップを期待する事ができますが、定着する事ができなかった脂肪は吸収されてしまうのでバストサイズの想定が難しい施術です。

カウンセリングを受ける際にどのような施術方法が最適であるかを医師と相談し、自分にあった施術方法を選択する事が大切です。

良い部分と悪い部分をしっかり見極める

豊胸手術をする際にはそれぞれのバストの形や大きさに合わせた最適な施術方法を選択する事が重要になります。理想のバストづくりをする為には、それぞれの施術の良い部分と悪い部分をしっかりと見極める事が大切です。

効果の持続する期間をそれぞれ比較すると、ヒアルロン酸注入よりもシリコンバッグ挿入による施術の方が長期間持続させる事ができます。しかし施術後の回復までの時間がヒアルロン酸注入による施術よりも、シリコンバッグ挿入による施術の方が長期間になってしまいます。脂肪注入による施術の場合には脂肪が定着すれば、半永久的に理想のバストを持続させる事ができますが、理想のバストの形にならない可能性もあります。

施術を受けた後の仕上がり具合もそれぞれ異なり、ヒアルロン酸注入による施術は見た目は自然ですが少し硬くなってしまいます。シリコンバッグ挿入による施術の場合には大幅にバストのサイズアップをする事ができるものの、多少不自然な形になる可能性もあります。脂肪注入法による施術の場合には動きや感触も自然な仕上がりになりますが、脂肪が定着するまでに1ヶ月ほどの期間が必要になります。

それぞれのメリットとデメリットをしっかりと理解した上で施術方法を選択する事によって、効率よくコンプレックスを解消する事ができます。

口コミや評価を参考にして自分にあった施術方法を選ぶ

豊胸する為の施術方法を選択する際には、ネットによる評価であったり口コミなどを参考にする事で自分にあった施術方法を選択する事ができます。口コミには実際に施術を受けた人の感想が書かれているので、どのようなメリットやデメリットがあったのかを知る事ができます。

またどのクリニックで施術を行ったかなどの情報もチェックする事ができ、自分にあったクリニック選びをする際にも最適です。口コミに書かれている内容を参考にすると共に、カウンセリングによって自分に最適な施術方法を選択する事が重要です。

豊胸手術を行う際には自分にあった施術方法を選択する事が重要であり、多くの情報を比較する事で最適な施術方法を選択する事が可能です。どのような施術方法がありどれくらいの費用が必要になるのかなど総合的に判断する事で、気軽にコンプレックスを解消する事ができます。

サイト内検索
東京の豊胸手術ランキング!
聖心美容外科の画像
第3位 THE CLINIC
THE CLINICの画像
共立美容外科の画像