【2018年最新版】東京都で豊胸手術するならココがおすすめ!美容外科・クリニックの特徴や口コミを徹底調査しランキングで紹介!まずは相談してみてください!

豊胸手術を受けた後は授乳に影響が出ないの?

豊胸手術は体の美容整形でも特に人気が高く、多くの女性が悩みやコンプレックスを解消するために治療を受けています。

治療後は豊かで美しいバストを得ることができますが、将来の妊娠や出産、母乳への影響が気になるのではないでしょうか。

ここではバストアップ治療の特徴と授乳への影響について書いています。

 

メリットだけではなくリスクも知ろう

顔や体に悩みを持つ人は多いですが、現在は美容整形も進化しており、多くの人が治療で悩みを解消できるようになりました。

女性はバストのことで悩みを持つ人は多いですが、豊胸手術を受けることでその悩みも解消され、豊かで美しいバストを維持できるようになります。

現在では、より見た目も感触も自然になる治療も登場しています。

自分に自信が持てる、バストを強調するファッションも安心して選べるなど治療のメリットは多くありますが、美容整形には良い部分だけではなくリスクもありますので、治療前にはそのこともよく理解しておくことが大切です。

特にバストは将来の妊娠や出産に影響が出やすい部分です。

将来、十分な母乳が出ないのでは、授乳に何等かの影響が出るのではないかと心配している人は多いものです。

それゆえ、治療をしたくても踏み切れないという人は少なくありません。

まずは、豊胸治療にはどのような種類があるのか、乳腺に影響が出ないのかも知っておきたいところです。

 

多くの人に選ばれているシリコンバッグによる豊胸

現在では実に多くの豊胸治療が用意されていますが、古くから行われている治療にシリコンインプラントの挿入があげられます。

この治療を行うと半永久的に形がよく、豊かなバストを手に入れることができます。

授乳に悪い影響が出ないのかも気になるところですが、まずインプラントが破損してシリコンが母乳に混ざるということはほとんどないとされています。

さらに、シリコンインプラントは乳腺下や大胸筋下に挿入させることが一般的です。

それゆえ、直接乳腺に影響を与える治療ではないので、母乳への影響はまずないと言えるでしょう。

妊娠中は乳腺がかなり発達しますので、そのことでバストのハリがつらいなどの悩みが出る可能性はあります。

とはいえ、バストのハリのつらさなどは豊胸をしていない人にもある悩みです。

治療前には、カウンセリングが行われますので、わからないこと、気になることがあればしっかりと質問し、納得のうえで治療を進めていきましょう。

 

ヒアルロン酸や脂肪注入による施術も考える

最近では、体に異物を入れない、より手軽に行える豊胸治療が人気となっています。

現在はプチ整形でもバストアップできる時代ですが、ヒアルロン酸注入は代表的な治療です。

ヒアルロン酸は元々体にある組織ですので安全性も高く、効果の持続期間は一年程度と短いものです。

それゆえ、妊娠時期には治療を避ける、出産後に再度治療を行うなど調整しやすいのがメリットです。

ヒアルロン酸は乳腺と胸筋の間に注入し、乳腺に影響を与えない方法なので、母乳への特別な影響はないとされています。

脂肪注入も自らの脂肪を注入するので拒絶反応も起こらず安全性の高い方法として多くの人に選ばれています。

こちらも乳腺に影響を与える治療ではないので授乳の際も特に問題はないとされています。

脂肪も本人のものですので、母乳に異物が混ざる心配もありません。

 

バストアップ治療を受けると豊かな胸を手に入れることができますが、母乳への影響が心配で治療に踏み切れない人は少なくありません。

治療では様々な方法がありますが、いずれの場合も乳腺に影響を与える方法ではないので、特に母乳育児には問題はないとされています。

治療にはそれぞれ違う特徴がありますので、医師と相談しながら最適な方法を選んでいきましょう。

サイト内検索
東京の豊胸手術ランキング!
第3位 THE CLINIC