【2018年最新版】東京都で豊胸手術するならココがおすすめ!美容外科・クリニックの特徴や口コミを徹底調査しランキングで紹介!まずは相談してみてください!

豊胸手術の施術時間はどれくらい?

公開日:2019/07/15  最終更新日:2019/08/06

安心して医師に身体を委ねることができる、そうした美容外科を選ぶことが大事です。

しかしそれだけでなく、身体に負担をかけたくない、あるいは日帰り手術を望むのならば、施術時間もポイントだと思うので、適した豊胸手術を受けましょう。

10分程度から手術が受けられる

東京の医療の質はズバ抜けています。カウンセリングからすべて院長が責任を持って担当する、そうした素晴らしい美容外科も存在します。そこでは過去10年で5000件以上もの豊胸手術を医療ミス0で行うほどです。特化している手術方法ならば、テキパキとこなすことにより、患者さんの身体への負担も最小限に抑えることができるようです。

では、その豊胸手術の施術時間はどれくらいかかるのでしょうか。もちろん、手術の種類によって違います。例えば、世間一般でおこなわれているのは、脂肪移植法やバッグ挿入法、ヒアルロン酸注入による豊胸法です。それぞれのメリットとデメリットを伝えてもらったうえで、受ける種類を選択することができます。

また、施術時間はあくまで目安です。患者さんの要望によってバストのバランスを見極め、美的センスを要求されるケースもあるようで、そうした場合には時間もそれなりにかかるようです。ですが基本、入院せずに外来で可能なケースが多いようで、それだけ短時間での施術であることが伺い知れます。

豊胸手術のパイオニアとなる美容外科では、メスを使用しないヒアルロン酸注入ならば、右左の注射を合わせて10分程度の施術時間です。追加注入となれば、さらにプラス10分程度の時間をかけますが、手軽に受けられる豊胸手術としておすすめです。

少しずつ注入するから時間もかかる

注入法と一口にいっても、採血をおこない、血液を遠心分離器にかけてバストに注入するプラズマジェルを作ることもあります。その間、1時間の待ち時間があり、施術のみにかかるのは注射器でおこなう注入の時間だけです。

左右合わせても平均30分程度です。自然な膨らみに近づけるため、1度にすべて注入せず、1ccずつ注入することに努めているといいます。これによりリスクも遠ざけています。バストの形の修正にプチ豊胸も流行っていますが、こうした注射器を使用しての施術は、少しだけ大きくしたい人には魅力的ではないでしょうか。

長くても数時間という手術がウリ

シリコンバッグ挿入法となる豊胸手術も東京では主流です。数時間程度の手術で済み、日帰りであれば、仕事や家事に負担をかけることもありません。ちなみに、手術方法や患者さんの体質によってダウンタイムの期間が長くなることもあります。施術時間だけでなく、その後の安静期間までチェックしましょう。

シリコンバッグよりヒアルロン酸注入のほうが時間をかけずに済みます。シリコンバッグの手術は、担当する医師の腕、経験などに左右されやすいために、症例数の多い美容外科を選びましょう。

目安として、脂肪注入は1時間から2時間の施術時間で、ダウンタイムなしの半永久的な効果が謳われています。バッグ挿入法は1時間程度の施術で、ダウンタイムは1週間で半永久的効果です。ヒアルロン酸注入法は30分程度で、ダウンタイムも30分、半年から3年ほどの効果が期待できます。

 

東京には、豊胸手術に適したプロフェッショナルな医師が多数います。それだけに仕上がりに問題もなく、医療ミスさえありません。技術に定評があるなか、気になるのはやはり施術時間でしょう。メスを使わないのであれば、数10分程度という短時間です。

バッグ挿入ではメスを使うこともありますが、それでも1時間程度です。自分の脂肪を注入するとなれば、脂肪を採取することも含まれるので2時間程度はかかるようですが、身体に負担のかからない手術を受けることができます。

サイト内検索
東京の豊胸手術ランキング!
聖心美容外科の画像
第3位 THE CLINIC
THE CLINICの画像
共立美容外科の画像
記事一覧